nao

記事一覧(16)

星の王子さま

みなさん、こんにちは。またまたご無沙汰しております。書きたいことは沢山あるんですが、なんだかんだとバタバタと、忙しい日々を過ごしております。私もゆーわんもジャッジア女史もキラヨシ氏も、みんな元気にしていますのでご安心くださいね。テレビも新聞もなく、ネットニュースも見なけりゃSNSもほぼ見ない毎日を過ごしている私。今年のゴールデンウィークが10連休だと本当に直前になるまで知らず、あやうくゆーわんを保育園へ連れて行くところでした。さすがにもう少し世間というものと触れ合わなければなぁ…なんて思っている今日この頃です(笑)さてさて、写真は少し前のものですが『星の王子さま』をキラヨシお兄ちゃんに読んであげているゆーわんです。『星の王子さま』は、スピリチュアルな学びを始める以前、私のバイブルだった大好きな本。今でもやっぱり大好きです。そんな『星の王子さま』、何故かゆーわんはお気に召したらしく何度も読みたがります。だけど漢字が読めないので「でなくちゃ、ものごとはよくえないってことさ。かんじんなことは、にえないんだよ」漢字を飛ばしてスラスラと読むので、こんな感じで意味不明な文章になるのです。それが可笑しくって私はいつも笑ってしまうのですが、ゆーわんは全く気にせず漢字飛ばし読みを続けています。本当は「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ」なんですけどね。本当、色々あります。毎日学びを深めているつもりなのに、まだまだ未熟者でトホホなことも多く、でも進んで行くしかない訳で。。また、近況報告しますね。ではでは。naoco

A Course in Miracles

みなさん、こんにちは。またずいぶん長いこと沈黙してしまってごめんなさい。書く書くと言いながら全く書いていない奇跡講座について、ざっくりでもいいから書いておこうかな…と、久しぶりに投稿させてもらいます。スピリチュアルなことに興味のない方には全く面白くない話題ですので、どうぞスルーしてやってくださいまし。えーと…まず、奇跡講座とは、”A Course in Miracles”の日本語版です。ACIMと略されるこの本は、新しい聖書と言いますか、簡単に言うとイエス・キリストのチャネリング本です。今の聖書は書きかえられているので、本当にイエスの教えを知りたいのなら、こっちを読むべき…かも…ね。奇跡講座はテキスト、ワークブック、マニュアルの3部構成になっています。で、日本語に訳されたものはいくつか存在しているのですが、私が色々読んでみて個人的にいちばんしっくりきたのが、中央アート出版社から出ている奇跡講座でした。翻訳に対する姿勢が非常に納得のいくものだったので、これを信頼している部分が大きいのですが、本のサイズも非常に大きく、カバンに入れて持ち歩くには大変不向きでして…(苦笑)分冊してはいけないらしいですが、ぜひとも文庫本サイズで何冊にも分けて出版して頂きたいものです。ちなみに、ナチュラルスピリットから出ている田中百合子さん訳の「奇跡の道」は、テキストの第6章までの翻訳で持ち歩き可能なサイズです。ワークブックのみなら、同じくナチュラルスピリットから出ている香咲弥須子さんのシリーズもより小さくて持ち歩きやすいです。でも新書くらい?文庫本よりは大きいです。ネット上にも素晴らしい翻訳を載せていらっしゃるサイトがありますし、ぜひお好みのACIM日本語版を探してみてください。こちらのサイト↓http://thereisnospoon.jp/を私は活用させてもらっています。英語と日本語の両方で読めるし、ものすごい情報量です。作ってくださった方にはただただ感謝です。もちろん原書が読めるならそれがいちばんだとは思います。私には無理でしたが…いちばん最初に原書を買ったんですが、難解すぎて無理でした。その後田中百合子さん版、大内博さん版、ネット上のものを読み、最後に公式っぽい中央アート出版社のに落ち着きました。散々読んだ後だったから、単純に読みやすく感じただけかもしれませんね(笑)奇跡講座の関連本もたくさん出版されていて、色々と読み漁りました。そして今現在、奇跡講座を学びたいなら、中央アート出版社の奇跡講座とゲイリー・R・レナードの著書だけで最初は充分かな…と思っています。コミックがお好きな方ならアレクサンダー・マルシャーンの「この宇宙は夢なんだ〜解き明かされる生存の秘密〜」も良いかもしれません。ケネス・ワプニックの著書はその後で良いのかな…と。ざっと書いただけでこんなにも読むべきものがあるのですが、読むことだけが目的になってしまっては本末転倒というやつで、この夢の世界から目覚めることを目指しましょう。昔、スピリチュアルなご夫婦と食事をしていた時「なおさん、なんでも望みが叶うなら何が希望ですか?」と聞かれました。迷わず「いわゆる『悟り』というものに達したいです」と答えた私に「え!そうなの!?」と、ご夫婦はすごくびっくりされて「え?違うんですか!?」と、逆にすごくびっくりしたのを覚えています。どれが良い悪いとかではなく、スピリチュアルな教えにも色々とあり「どれもみんな言ってることは同じだよね」なんて言っていた時期もあるんですが、コース(奇跡講座)に出会って、明確な目指す場所がわかったような気がしています。スピリチュアルな学びを深めている方なら、私たちが何度も何度も生まれ変わっている、ということに異論のある方はいらっしゃらないと思います。「私たち」とは厳密にはただ1人の神の子だ…とかはちょっと横に置いておきましょう。んで、いわゆる引き寄せとか、ポジティブシンキングとか、色々なテクニックがありますよね。この人生をより良くするための。そのテクニックが良いとか悪いとか効果があるとかないとか、そういうのではなく、それをどこに使うのか。何のために使うのか。今回の人生をより良いものにしたい。もちろんそりゃそうです、誰だって。だけど、今回の人生最高にして、肉体を離れて、また戻ってきて赤ん坊からやり直して…で、それ何回続けたいの…?というところな訳です。時間なんて存在しない、というのは、これまたちょっと横に置いておいて、何度も何度も何度も何度も生まれ変わって生き直してまた生まれて、ほんのちょーっとずつ成長して、そんでまた何度も何度も何度も何度も…で、どこを目指しているのでしょう?ゴールはどこなのでしょう?なんか時間、無駄じゃないですか?う〜ん…これじゃちゃんと伝わらないかしら…奇跡講座について説明するのは、やはり私にはちょっと難しすぎるみたいですね…そもそも私がまだ学んでいる途中ですもんね…ご興味ある方はぜひ、ゲイリー・R・レナードの「神の使者」から読んでみてください。きっとあなたの世界が広がりますよ。いや、あなたの世界の崩壊が始まりますよ…かな?もうすぐ桜の季節ですね。新作の桜の器たち、全く絵付けが進んでいないのにこんな長い記事を書いてしまいました。。桜が散ってから、桜の新作発表になりそうです(笑)最後に「花より団子」な娘の写真を貼り付けて、今日はこの辺で失礼します。あ、最初の写真のニャンコは、キラヨシ氏ではなくジャッジア女史の方です。ではでは、みなさま、ステキな春の日々をお過ごしください。愛を込めて♡naoco 

キラヨシ氏

人生の岐路に立たされている。いや、んな大袈裟なもんでもないか…ただ、ちょっと困っている…生活に。一浪して京都精華大学の陶芸科に入学してから、もう25年。京都伝統工芸大学校で職人技である絵付けと電動ろくろの基礎を本格的に学んだのも10年以上前。音楽好きが高じてCD屋の店長をやってた頃もあるけれど、なんだかんだで、もうずいぶん長い間、陶芸に関わって生きている。結婚する前は京都で自分の工房兼お店を持っていて、絵付け実演のアルバイトなんぞしつつ、貧しいながらも楽しく生きていた。だけど結婚して埼玉へ行ったのを機に自分の店を失い、娘が生まれ、離婚し、シングルマザーとなって生まれ育った神戸の街に戻って来て、ちょっと、いや、だいぶ、状況が変わった。バイトと陶芸だけでは、どうしても生活して行けないのだ。幸い、今は大阪にあるメイト陶芸教室で週に3日、講師のアルバイトをさせて頂いている。でも週3のみ…残りの平日週1〜2日程度ではなかなかアルバイトは見つけられず、工場でバイトとかすれば良いのだろうけれど、昔、単発で入った工場バイトでお尻を触られて怖かった事を思い出し、どうしてもそういう単発バイトに踏み出せない、なさけない自分がいる。生活の為に割り切って、全く違うお仕事をフルタイムでやればいいのかもしれない。だけど、高い学費を払ってもらって学んだ「陶芸」。大したことないけど、それでも一応、一般の人よりは持っている陶芸の技術と知識。その「陶芸」を私の人生から(一時的にとはいえ)、完成に削除してしまって良いものなのか…そんな悠長なこと言ってる場合ではないのだろう…ブログ記事なんて書いてる場合ではないのだろう…でもね…今日の午前中はずっとマザーズ・ハローワークで色々調べてもらっていた。職員の方は皆さん親切で親身に対応してくださる。だけど、希望の曜日と時間内でのアルバイトは見つけられず。ふぅ…とりあえず、そろそろ家事にとりかからねば。私には子供がいるのだ。写真はとってもお久しぶりなキラヨシ氏。こちらのブログでは初登場かな?(過去に10年続けてたブログがあります。このブログのいちばん最初の記事にリンクを貼ってます)彼も気付けば17歳。今年の夏には18歳になる。私も気付けば45歳である。ええかげん、ちゃんとせなあかんよな…しっかりしろー!そんなこんなで、今回はこの辺で。naoco

動物好き

みなさま、こんにちは。今回も陶芸とは全く関係なく、親バカな投稿です。ご興味ある方だけ、どうぞ。Facebookの投稿と全く同じですが、写真は数日前のゆーわん&本日のゆーわん。相変わらずクレイジーである(笑)ユニコーンのお帽子にパンダマフラー、ウサギさん手袋にネコちゃんブーツ、手にはハリネズミのぬいぐるみ。ネズミのリュックを背負い、ブーツを脱いだらリスさんのソックス。動物とお洒落が大好きな、5歳になったばかりのゆーわんさん。昔のゆーわんも可愛いが、やっぱり今のゆーわんがいつでも一番大好きだ。そういえば七夕の時、ゆーわんが短冊に書きたい願いは「リスになれますように」だった。そこで私が「いや、リスにはなられへんから」と言うとゆーわん「じゃあ、ネコになれますように」私「いや、ネコにもなられへんから」ゆ「わかった、じゃあ、キツネになれますように」私「いや、人間がなれるもん書こうよ」ゆ「なんでなん?ママ、ゆめはかなうってゆったやん!なんにでもなれるってゆったやん!!リスにはなられへんの!?」私「いや…ま、なんかのカタチでなれるかもな…うん。大丈夫、なりたいもんになれるよ…ごめん」ゆーわんよ、キミはどんな大人になるのだろう…?ママはいつでもキミを支えてあげたい。キミの夢を叶えてあげたい。心から愛している。でもリスにはならんとっておくれ…(笑)4月には久しぶりに展覧会に出展する予定です。またぼちぼち投稿しますので、時々覗きに来てやってくださいませ。それでは、また。naoco

徒然なるままに

みなさま、大変ご無沙汰しております。naocoです。昨年、大好きだった祖父があちらへ帰ってしまった為「おめでとうございます」は省略させていただいて、今年もよろしくお願い致します。本当に、沈黙期間が長くって申し訳ありません。昔はあんなにいろ〜んな事を呟きまくり、文章を書きまくっていたのにね(苦笑)いや、文ってやつは正直、いくらでも出てくるんですよ。それが良いか悪いかは別として、作品と同じで「アイデアが湧かない」「何を作ればいいのかわからない」という事は全くないんです、私の場合。ただ、大人になって学べば学ぶ程、語らぬ大切さがわかってきたといいますか…カッコつけすぎかな(笑)ま、単純に忙しいすぎる日々にやられている、という理由もあります。もうすぐ5歳になる娘を1人で育てている訳ですから。そりゃ色々と大変です。だけどやはり、今の私にとって「奇跡講座(A Course in Miracles)」の存在が大きすぎて、不用意な文を書けない、というのが一番の理由かもしれません。またいつか必ず、これについてはきちんと書きますね。なんとなく、blogを更新した方が良い気がして、ちょっと文を書いてみました。昨年から、あんなに大嫌いだった電動ロクロの練習をしていて、でも今年からは練習ができなくなってしまい、はてさて、どうしたものかな…なんて思いつつ、徒然なるままに、日暮らし…写真はお正月に撮った、愛しの娘ゆーわんです♡親バカでもいい、たくましく育ってほしい…いやいや…そんなこんなで、なんだかよくわかりませんが、みなさま、本年もどうぞよろしくお願い致します。naoco